A.

まずは、ご親族やごく親しい方々へ危篤であるとのご連絡をしてください。
大変お辛いときではありますが、可能でしたらご葬儀のこともお考えいただいておくと良いと思います。費用のことや、その他ご心配なことがありましたら、いつでも遠慮なくご相談ください。あとは何より、大切な方との残された時間をどう過ごされるのか、ということを大切にしていただけると良いと思います。